武藤少弐興亡史 - 渡辺文吉

渡辺文吉 武藤少弐興亡史

Add: evemorub12 - Date: 2020-12-04 16:05:11 - Views: 2170 - Clicks: 2507

111 ^ 『武藤氏系図』 ^ 『北肥戦記』 ^ 『大日本史料』第4編之3 380頁 ^ 渡辺文吉『武藤少弐興亡史』 海鳥社、1989年の(p. 少弐 貞経(しょうに さだつね)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将。少弐氏5代当主。 生涯. 『菊池一族の興亡』 1988年 荒木栄司 著 新人物往来社 『菊池一族』 1990年 阿蘇品保夫著 海鳥社 『武藤少弐興亡史』 1989年 渡辺文吉 著 教育者 歴史新書. 80) ^ 福岡県教育委員会(編)『福岡県の中近世城郭跡Ⅰ 筑前地域編1』福岡県教育委員会、年(p. ^ 渡辺文吉 (1989).

少弐氏寄懸り目結本姓藤原北家秀郷流または道長流武藤氏支流家祖武藤資頼種別武家出身地筑前国主な根拠地筑前国肥前国著名な人物少弐資元少弐資能少弐貞経少弐冬尚鍋島経房支流、分家鍋島氏(武家 → 華族)筑紫氏(武家)馬場氏(武家)朝日氏(武家)横岳氏(武家)九州千葉氏(武家. ^ 渡辺文吉『武藤少弐興亡史』 海鳥社、1989年(p. 12)の解釈によると、父の武藤資頼の生前の約束であったのか、没後14年を経ているにもかかわらず、承天寺の喜捨(捨地壇越)は父資頼として、その名をたたえて. 94)によると、武藤資頼、開山聖一国師、檀越謝国明の三者の塑像と位牌、肖像画が安置されている。 ^ 武藤資頼・資能の墓に九州国立博物館「西都 大宰府」記述あり。. 68) ^ 渡辺文吉『武藤少弐興亡史』 海鳥社、1989年(p. 馬場鑑周 筑紫氏(支族ではないとする系図もある) 1. 大宰少弐武藤氏 : その栄光と衰亡.

筑紫満門 平井氏 1. 武藤少弐興亡史/渡辺 文吉(エッセイ・自伝・ノンフィクション)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。3000円以上購入から国内送料無料で、最速24時間以内出荷。. 渡辺 文吉 + フォロー おすすめの著者 + + + 他のおすすめ商品を見る 何か問題が発生しました。. 安養院跡(太宰府市) -少弐氏の菩提寺跡。付近の竹林に、少弐氏の祖:初代武藤資頼の墓、少弐資能の供養塔あり。 大宰府 崇福寺跡(太宰府市) - 少弐氏の檀那寺。南浦紹明は蒙古襲来の際、外交顧. 【tsutaya オンラインショッピング】武藤少弐興亡史/渡辺文吉 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本. 少弐資能の死後、経資と景資の兄弟間で家督をめぐり争いが起り、弘安8年(1285年)に鎌倉で御家人の安達泰盛と内管領の平頼綱が対立して霜月騒動が起こると、弟・景資は泰盛の子・安達盛宗と共に、頼綱側についた兄・経資と戦い、敗死する(岩門合戦)。その後、鎮西探題が設置されて北条氏の力が西国にも及ぶようになると、少弐氏もその配下とされ雌伏のときをむかえる。 鎌倉時代末期の元弘3年/正慶2年(1333年)に後醍醐天皇の討幕運動から元弘の乱が起こると、少弐貞経は大友氏らとともに討幕運動に参加し、鎮西探題を攻撃する。鎌倉幕府滅亡後に後醍醐天皇による建武の新政が開始され、新政から離反した足利尊氏が建武3年(1336年)に京都から駆逐され、九州へ逃れると、貞経の子の少弐頼尚は尊氏を迎えて赤間関へ赴くが、その最中に宮方に属した肥後国(現在の熊本県)の菊池氏が大宰府を襲撃して父の貞経を滅ぼした。頼尚は足利方とともに多々良浜の戦いにて菊池武敏らを破った。. 鎌倉幕府は太宰少弐に任じた武藤資頼に原田種直の3700町 を全て拝領して、岩門城も支配したと思われる。以降、代々の武藤氏は太宰少弐職を世襲して少弐氏と名乗った。また、少弐氏は代々筑前守護を兼任している。. 『武藤少弐興亡史』(渡辺文吉) のみんなのレビュー・感想ページです。この作品は1人のユーザーが本棚に登録している.

その後、少弐頼尚は足利尊氏とともに菊池、阿蘇軍に多々良浜の戦いで勝利して、有智山城を取り戻している。 永和 2年( 1367年 )、 九州探題 今川貞世 (了俊)に従っていた 大内義弘 が有智山城を攻めて 少弐頼澄 は敗れている。. 大宰少弐職は資頼の子の資能に継承され、以降世襲となる。資能はを称し、その子孫は北九州の名族の少弐氏として発展した。 なお、仁治3年(1242年)に、博多の承天寺は武藤資頼が円爾(弁円、聖一国師)を招聘して創建した1。. 宗像氏範 饗庭氏(足利氏家臣の饗庭氏とは別の一族). 26 出典 編集 『斑島文書』 『園太暦』(二十一) 『北肥戦誌』(三、九州所々軍之事) 『太平記』(二十八巻・大宰少弐以直冬為婿事、三十三巻・菊池合戦事) 渡辺文吉『武藤少弐興亡史』 海鳥社、1989年. 写真参照にして下さいませ。並上ぐらい線引きなどはありません。てんに少し汚れあります。1989年発行クリックポストでの発送になります。発送は日本郵便のクリックポスト日本全国一律&92;&92;198で発送できます。クリックポスト1kgまでの荷物を送ることができます。 長辺34cm以下、短辺25cm以下、厚.

See full list on wpedia. 朝日資法 横岳氏 1. 武藤少弐興亡史 1989/10/01. 渡辺文吉『武藤少弐興亡史』 海鳥社、1989年 佐賀市教育委員会・文化振興課・文化振興係『さがの歴史・文化お宝帳』 1 年4月26日確認 関連項目 編集. 横岳資誠 馬場氏 1. 商品の詳細 商品名 『 武藤少弐興亡史 』 渡辺文吉 著 海島社 戦国時代 c11-4 全国送料無料にて発送させて頂きます。 著者・編集など - 発行所 - 発行日 1989年9月第1刷発行 【状態ランク】 【2~3】 『(悪い)1・・2・・3(普)・・4・・5(良い)』 【函・表紙】. 武藤少弐興亡史 - 渡辺文吉/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 少弐頼尚; 時代: 南北朝時代、室町時代: 生誕: 永仁2年(1294年) 死没: 建徳2年/応安4年12月24日(1372年 1月30日) 改名: 頼尚→梅渓本通(法名) 幕府: 鎌倉幕府→室町幕府: 主君: 足利尊氏→直冬: 氏族: 少弐氏: 父母: 父:少弐貞経: 兄弟: 頼尚、馬場経員、頼賢.

『武藤少弐興亡史』 より、 福岡県. 【定価70%off】 中古価格¥500(税込) 【¥1,209おトク!】 武藤少弐興亡史/渡辺文吉(著者)/中古本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。. 『武藤少弐興亡史』渡辺文吉/1989年/海鳥社商品説明 品名:武藤少弐興亡史 著者:渡辺文吉 発行所:海鳥社 発行年:1989年. 『武藤少弐興亡史』より、 福岡県. 平井経治 鍋島氏(偽の家系図と説あり。) 1. 宗貞国 宗像氏(宗像大宮司家) 1. ^ 渡辺文吉『武藤少弐興亡史』 海鳥社、1989年 p.

武藤資頼は平知盛に仕えた平家の武将であったが、一ノ谷の戦いの時に源氏方に投降し、その後、許されて源頼朝の家人となる。平家滅亡後、大宰少弐に任じられ、平家方であった九州の武家に対する鎌倉方の抑えとして、鎮西奉行をはじめ、北九州諸国の守護となる。この頼朝による抜擢が、その後の少弐氏の興隆のきっかけである。 資頼の子少弐資能の代より、少弐を姓として定常的に用いるようになる。鎌倉時代の文永11年(1274年)、弘安4年(1281年)に元寇が起こり、資能は大宰府の責任者として子の少弐経資や少弐景資らとともに日本軍の先頭に立ち、元の大軍と戦うこととなる。弘安の役の際には経資の子の少弐資時が壱岐で戦死、資能自身も戦闘の際に蒙った傷で死去するなど、一族として大きな犠牲を払うこととなった。こうした功もあり、戦後には筑前・豊前・肥前・壱岐・対馬など北部九州における最大の守護にまで成長して、少弐氏の最盛期を築き上げた。. Amazonで渡辺 文吉の武藤少弐興亡史。アマゾンならポイント還元本が多数。渡辺 文吉作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お. 少弐氏は、武藤資頼が大宰府の次官である大宰少弐に任命されたことから始まる。資頼は藤原秀郷の流れを汲む武藤頼平の猶子となって武藤の名跡を継ぐが、資頼の出自は不詳である。その意味では、少弐氏は、資頼の養父の武藤頼平の家系からすれば、頼平の先祖である藤原秀郷の後裔になるが、資頼の血筋からすれば、先祖不詳ということになる。 同時に、資頼は藤原道長の後裔と称し、代々が武蔵国に知行を持ち、武藤氏を称したという。さらに、鎮西豪族の興亡を記した戦記物によると、「左中将尾張守藤原長頼は、相伝の知行地である武州戸塚郷に下り、武藤中将と称した。その子頼氏は、八幡太郎義家に従って奥州に出陣し、寄懸の紋の旗を賜った」とある。これによれば、頼氏の子孫とする資頼は道長の後裔ということになる。. 1989年第1刷。 渡辺 文吉 (著) 海鳥社 帯つき。天地小口にヤケ、シミあり。カバーに多少のスレ、キズはありますが、中身. 渡辺文吉『武藤少弐興亡史』 海鳥社、1989年; 登場作品. 文永9年(1272年)、少弐盛経(少弐経資の子)の子として誕生。 鎌倉幕府の執権・北条貞時より偏諱を受けて貞経と名乗る。. 14: 大宰少弐武藤氏 : その栄光と衰亡 中世史探訪: 渡辺文吉 著: 歴史と自然を守る会: 1979. 古くからの譜代の国人が多い。しかし、少弐満貞の死後、少弐嘉頼が対馬に亡命したため、大内氏の筑前の実効支配がはじまる。筑前の国人は、少弐氏から独立あるいは大内方の国人となった。 宗氏(筑前国→対馬国守護代) 1.

頼尚の弟・経員は馬場氏(少弐馬場氏)を名乗った。 出典 『後醍醐天皇紀』(自元弘三年三月十三日至是月) 『龍造寺文書』 『草野家古文書』 『梅松論』 渡辺文吉『武藤少弐興亡史』 海鳥社、1989年 少弐頼尚 出典 『斑島文書』『園太暦』(二十一)『北肥戦誌』(三、九州所々軍之事)『太平記』(二十八巻・大宰少弐以直冬為婿事、三十三巻・菊池合戦事)渡辺文吉『武藤少弐興亡史』 海鳥社、1989年表話編歴少弐氏当主. 国難(1920年、映画) - 演:児玉英一; 日蓮と蒙古大襲来(1958年、映画) - 演:杉山昌三九; 北条時宗(年、nhk大河ドラマ) - 演:野口貴史; アンゴルモア 元寇合戦記(年、漫画). 武藤少弍興亡史: 渡辺文吉 著: 海鳥社: 1989.

また、少弐氏が蒙古襲来の最大の功労者であったことも初めて知った。 武藤少弐興亡史 - 渡辺文吉 旧国名と都道府県名 読んだ本 ・渡辺文吉著 武藤少弐興亡史 ・外山幹夫著 日本の名族/少弐氏 ・吉永正春著 筑前戦国争乱. 定価¥1,709(税込) 武藤少弐興亡史/渡辺文吉(著者)/新品本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。1500円以上のご注文で送料無料。. 9: 武藤少弐興亡史: 渡辺 文吉【著】 海鳥社: 1989.

武藤少弐興亡史 /海鳥社/渡辺文吉の価格比較、最安値比較。(11/10時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:ムトウ. 武藤少弐興亡史 - 渡辺文吉 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 歴史と自然を守る会 1979.

91)には、「万松山勅賜承天禅寺由来縁起」で当山は大宰少弐藤原資頼寺地の喜捨あり。と. 『笹舟の記 戦国大名葦名氏の興亡』 切田未良: 本の森 『森一族のすべて』 一族叢書編集委員会/編: 新人物往来社 『会津芦名一族』 林 哲: 歴史春秋社 『武藤少弐興亡史』 渡辺文吉: 海鳥社 『秋田「安東氏」研究ノート』 渋谷鉄五郎: 無明舎出版.

武藤少弐興亡史 - 渡辺文吉

email: ufacery@gmail.com - phone:(235) 603-2486 x 7884

スペインあっちこっち - 藤川つとむ - 月刊情報処理試験編集室 特種情報処理試験総整理と徹底対策

-> ホッとする風景がここにはある - 宮入芳雄
-> 車イス犬チビの贈りもの - 井上こみち

武藤少弐興亡史 - 渡辺文吉 - 近代文学論 折口信夫 ノート編


Sitemap 1

どろぼう天使 - ブリタニー・ヤング - 学研教育出版 やさしくはじめる入試問題の解き方